ネイヴルの冒険隊

ある日目覚めた朝、枕元に宝の地図があったなら…

「世の中に旨い話などない」、まったくそのとおりだと思います。”ハナシ”といえば、はるか昔より、尾ひれがついたり膨らんだり、かたや、現代ではマッチポンプやステルスマーケティングが叫ばれる中ますますもってメンドくさいことに。 けれども、どんな”ハナシ”も人が集まるところにしか生まれません。そして誰もが経験して知っている通り、人と人とのマッチングの中にだけ”ハナシ”が”ストーリー”に姿を変える瞬間があります。誰にでも平等に時間が流れる中で、重たい自分のカラダを引っ張りだすためにはいったいどうしたらいいのでしょうか?ネイヴルは、日本のほぼど真ん中のこの稲沢市で、毎日皆と同じように悩みながらこんなクエストの日々を送っています。

せっかくなので、少しだけ覗いてやってください。